2月のサボテン

今年の1月はサボテンの花が少なくブログネタにも窮してしまったが、2月になってようやく花が増えてきたようだ。今回はギムノカクタスの薫染丸(Gymnocactus knuthianus)から。いかにも早春の花で、昔は白鯱という類似種もあって混乱したものだが、どうやら同種だったようで、だよねーという感じ。マミラリアのサンチェス・メホラダエ(Mammillaria sanchez-mejoradae)も満開になったが、とにかく花付きの良さに驚かされる。次はマミラリア・カルメナエ(M.carmenae)のクリーム色花とピンク花。春めいてきたらピンク花が更に大きく咲いてきて、これ本当にカルメナエなの?という感じ。雑種になっているのだろうか。次はラウーイ変種のダシアカンサ(M.laui var.dasyacantha)。これも暮れからずっと咲いていて有り難い存在だ。次の濃いピンクは鶴の子(M.haageana)、学名はハーゲアナで有名種だ。そして冬の定番日の出丸(Ferocactus latispinus)と小型フェロの新緑玉(F.flavovirens)。これもようやく開き始めた。以上全てメキシコ産だが、最後はブラジル、ディアマンティナ産のユーベルマニア・ペクチニフェラ(Uebelmannia pectinifera)。これも暮れから咲いてくれて有り難い存在。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック