花が多くなったね!

1号温室、コチョウラン飾りのコーナー、栽培温室で咲いた原種のランも適宜飾っているので、段々賑やかに成ってきた。最初はかつてパプア・ニューギニアから導入したデンドロビウム・スミリアエ(Dedrobium smilliae)、良くみれば面白い花だし、色もいい。次も同様でデンドロビウム・フォルベシー(D.forbesii)、変わった形が特徴で、花保ちの良いのが特徴だ。その向かいでは吊り鉢のリプサリス、黄梅(Rhipsalis rhombea)がよく咲いている。注意しないと気付かないが、今が満開だ。ブラジル原産。1号の入口では球根キンレンカ2種黄花のトロパエオルム・ブラキセラ(Tropaeorum brachyceras)と赤花のトリカラー(T.tricolor)が満開で正に見頃。でも気付いてくれるお客様は少なく、同じ目を持っていながら、どうしてこんなに見えるものがちがうのかと思う。ここでは球根を植えた鉢をキダチアロエの下に置き、ツルをアロエにからませることでご覧のパフォーマンスが実現出来ている。我ながらグッドアイデアだと思う。ノウゼンハレン科でチリ原産。以下は我が家の球根類で、最初がブルボコディウム系ペチコート スイセンのクリーム・ゴブレット(Narcissus bulbocodium'Cream Goblet')。今までで一番奇麗に咲いている。そしてボチボチ咲き始めた南アフリカ原産の小球根類。アヤメ科のバビアナ・セダーベルゲンシス(Babiana cederbergensis)とテコフィレア科のシアネラ・オルキディフォルミス(Cyanella orchidiformis)。この冬は冷え込みがマイルドでベランダの鉢が凍ることもなかったので、球根類は順調だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

あきちゃん
2019年02月27日 19:24
 球根類の花が多く取り上げられだして、見るのが楽しみな毎日です。熊本も暖冬で、我家も今年は春の花が咲くのが早いです。半面、雑草も元気に茂りだしています。このブロブが長く続くことを願っています。
2019年02月28日 15:39
あきちゃん、お元気そうで何よりです。
球根類、今年は寒害を受けず順調です。ここ2年程寒過ぎましたからね。これが平年並みだと思います。

この記事へのトラックバック