学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 展示植物

<<   作成日時 : 2019/02/04 18:25   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も昨日の続きで友の会総会会場に飾った植物の紹介だ。最初が展示風景、ドンベヤやツバキが目立ちますね。2枚目の中央には開花中のディッキア・マルニエールラポストーレイ(Dyckia marnier-lapostollei)が写っていて、これはわが家から持参したもの。パイナップル科でブラジル原産。次は赤い花のエリスリナ(Erythrina)、要するにマメ科でデイゴの仲間だが、ラベルが落ちてしまって私の力では調べがつきそうもない。ただ冬咲きというのは嬉しいではないか。その横の紅葉した葉は大銀龍(Pedilanthus smallii)、トウダイグサ科の多肉植物でメキシコ原産。次は黄色い花のソレノフォラ・トゥーストレンシス(Solenophora tuxtlensis)。メキシコ原産イワタバコ科の珍種だ。次は研究室から持参した仙女盃(Dudleya brittonii)とエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)。これは説明不要だろう。そしてティランジアのレクルビフォリアの変種サブセクンディフォリア(Tillandsia recurvifolia var.subsecundifolia)で朱色の花序がとても奇麗だ。パイナップル科でブラジル原産。そして開花中の食虫植物ピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)だ。非常に生育旺盛で1年で1ダースにも殖えるほどだ。葉も大きくボリュームがあっていいが、葉の脆いのが玉に瑕で売店には不可だ。タヌキモ科でメキシコ原産。次の黄色い花序はフリーセア・サウンデルシー(Vriesea saundersii)でブラジル原産。黄色い花はカランコエ・ラシニアータ(Kalanchoe laciniata)でタイ原産、ベンケイソウ科の極めて丈夫な多肉植物だ。最後の大株はユッカの斑入りで、私はキミガヨランの斑だと思っていたのだが、フラクシダの斑入り品種ゴールデン・スウォード(Yucca flaccida 'Golden Sword')という植物のようだ。北米原産でキジカクシ科。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
展示植物 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる