学芸員の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨だけどツバキなど

<<   作成日時 : 2019/02/06 11:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は現場で温室の電源ダウン、夕方には温室煖房の2インチのパイプのパンクなどが相次ぎ、1日対応に振り回されてしまった。ただでさえ友の会総会関連で忙しく、ブログの手抜きをしてきて引け目を感じているのだが、これはあくまでも私の個人的なブログで、プライベートな時間で対応しているので、その辺はご理解いただきたい。今日はブログの会社からメールが来ており、あと2日で7周年、総訪問回数は717,770回だそうで、1年10万の勘定だ。ブログの右上に出るカウント数も今日で230,000になるはずだが、実際の読者はこの23万が正しいのだろう。日数で割れば1日90人で相変わらずというところ。
今日、そんなこんなで画像がないので、雨模様の中庭でツバキを撮ってきた。ピントは甘いし恐縮だが、これでご勘弁を。最初はヤブツバキ系品種の百合絞り(Camellia japonica 'Yuri-Shibori')、細い筒状に咲く上品な花で私の好み。次のピンクはハルサザンカの咲き残りで近江衣(C.vernalis 'Omigoromo')、次がヤブツバキの有名品種玉の浦(C.japonica'Tamanoura')で、その次は再びハルサザンカで六歌仙(C.vernalis 'Rokkasen')。暮れから咲き花期の長いハルサザンカもそろそろ終わりだ。鮮明な赤はヤブツバキ系の婆の木(C.japonica'Ba-no-ki')、そして今が盛りのサルウィンツバキ系洋種のデミューア(C.saluenensis hybrid 'Demure')。本種は暖かくなって一気に咲いた時の美しさは格別で、わが家で一番大きくして楽しんでいる。次はヒメサザンカ系ミニ品種の港の曙(C.litchuensis hybrid 'Minato no Akebono')、先日友の会にお見えになった横浜の村田さんの作出の代表品種の1つ。次の赤小輪はユキツバキの品種(C.rusticana cv.)だが、間違った名前で来たので同定不可。最後は古典品種の細雪(C.japonica 'Sasameyuki')。雨で近寄れず接写できず。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい数ですねえ。
正しいことが書かれてるから、みんな、安心して、見ようって気になるのですね。身近にない植物も、たくさん出てきて、楽しいページです。インフルに気を付けてくださいね。
みのり
2019/02/06 19:56
みのりさん、お褒め下さって恐縮です。よく7年続いていると思いますが、最近はバタバタ忙しく、ブログがやっつけ仕事になって反省しています。兎に角写真が間に合わないんです。
学芸員
2019/02/07 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨だけどツバキなど 学芸員の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる