春本番

9日の土曜日は好天に恵まれサボテンも良く咲いていた。最初は羅紗錦の仲間で慶松玉(Ancystrocactus crassihamatus)、自生地では随分大きな個体を見たが、栽培してみると余り大きく成らないし、刺も弱い。勿論、産地の差だろうが、私が見たのは赤城やアロンソイの自生地の近くだった。次はエビの最小型種ダビシーだ(Echinocereus davisii)。キリン降ろしで初開花のはずだ。確かに小さくて、3号鉢に2株植えてある。次はユーベルマニア3種でユーベルマニア・フラビスピナ(Uebelmannia flavispina)、1輪だけ咲いたプセウドペクチニフェラ(U.pseudopectinifera)、2色花のペクチニフェラ(U.pectinifera)の順。次は小型種で月世界(Epithelantha micromeris)、白花ばら丸(Turbinicarpus valdezianus)、白斜子(Mammillaria pectinifera)、サンチェス・メホラダエ(M.sanchez-mejoradae)の順。最後はラウーイ変種ダシアカンサ(M.laui var.dasyacantha)でこれまでで一番良く咲いている。以上のうちユーベルマニアはブラジル、他はメキシコ原産だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック