華やかな熱帯スイレン

先日、本園6号に植え込んだソテツのラベル付けがてらスイレンの写真を撮ってきた。春先で花の綺麗な時期でもあり、どの花もとても素敵だ。最初はタイの品種ピンク・ナンクワック(Nymphaea hybrid 'Pink Nangkwak')。変形した萼が特徴の品種で白や青など3色位あったはずだ。タイから入れた当座は2色位植えてあったが、今はこの1つ。次は新しい品種でムーンビーム(N.hybrid 'Mppn Beam')。クリーム色がかったデリケートな色合いで月の光とは良い名前だ。3番目はブルズ・アイ(N.hybrid 'Bull's Eye')。熱帯性品種では赤に近い一番濃いピンクだろう。4番目は最近導入されたキャンディー・レイン(N.hybrid 'Candy Rain')。新しい品種の割には目新しさを感じない。次の2枚は加藤さんのミニ品種を地植えして大きくしたもので弁端のピンクが特徴。まだ名はなく交配番号で13AF14072(N.hybrid 13AF14072)。紫の八重はタイの品種でキング・オブ・サイアム(N.hybrid 'King of Siam')。最後は黄色の銘花、プリング博士作のセントルイス・ゴールド(N.hybrid 'St.Louis Gold')。おまけはオオオニバスの池のエスキノメネ・フルイタンス(Eschynomene fluitans)。ミズオジギソウによく似ているが、こちらは花が蝶型花で美しい。南アフリカ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック