ストラミネア、トックリアナアス咲く

エアプランツのコーナーでティランジア・ストラミネアの選抜個体ダーク・パープル(Tillandsia straminea 'Dark Purple')が咲いて来た。日本ブロメリア協会の会長にプレゼントされた個体で、ここの環境にピッタリで生育旺盛。濃い紫の花序が素晴らしく、観賞価値が高い。そろそろトックリアナナスの開花ラッシュになるが、その先陣を切ってレッドフォーム(Aechmea recurvata 'Red form')と呼ばれる全身が赤く色付くタイプが咲いて来た。トックリアナナスは私の好きな植物で、斑入りのアズテック・ゴールドを始め、大小のタイプ、赤く色付くタイプなど、様々な変異があって、最近はラベルを確認しないとわからない位個体数が増えてしまった。ストラミネアはエクアドル、トックリアナナスはブラジル原産でパイナップル科だ。イワタバコ類では断崖の女王(Sinningia leucotricha)が咲いて来た。以前は沢山苗が出来て売店で売ったりもしたが、今は2個体になってしまい、種蒔き更新を迫られている。似たタイプで花着きの良いシンニンギア・マクロポダ(S.macropoda)も見頃だ。本種も断崖の女王も花期が終わると葉が大きく成ってだらしなくなるが、花時はとても可愛らしい。共にブラジル原産でイワタバコ科の球根植物。先月来咲いている南アフリカ産球根植物のベルセイミア・ブラクテッセンスの黄花品種レモン・フレーム(Veitheimia bractescens 'Lemon flame')も見頃を迎えた。アップで見るととても良い色だ。キジカクシ科。入口頭上の朝顔、イポメア・ランビー(Ipomoea lambii)も相変わらず良く咲いている。ヒルガオ科でメキシコ原産。入口スロープに飾った黄花クンシランも満開になったが、私は黄花交配種で赤い覆輪になっているアリサ(Clivia miniata 'Arisa')という品種が気に入っている。売店の売れ残りだったと思うが、私の好きな派手柄でとても良い色合いだ。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック