シャボテン公園の動物達

10日の水曜日、底冷えのする雨の中、伊豆シャボテン動物公園を見に行って来たので、そこで撮った動物達を紹介する。園名に動物と加えただけあって、動物は140種だかに増えたそうで、確かに多い。もう動物園と言った方がいいかも知れない。この日は寒かったのでどの動物も暖を求めて1個所にまとまっており写真は撮りやすかった。最初は名物のカピバラ、仲良さそうに寄り添って可愛らしいこと。2個所で飼育されていた。次はレッサーパンダ、最近導入して展示を始めたばかりで、雌雄2頭が寄り添って昼寝していた。次はマーラだったかな。これも雨の影に集まって、写真は撮りやすかった。次はゾウガメ、ガラス越しなのでぼけてしまった。次は私も初めて見たミミナガヤギ、面白い動物がいるものだと感心。続いてポニーと独りぼっちのチンパンジーの子供、芝生広場の鳥の群れと池のフラミンゴ、煖房の部屋で寄り添うミーアキャット、そして最後は可愛らしいアルパカだ。流石に寒さに強いアルパカ、霧の中、悠然と佇んでおり、アンデスの山中で見かけたような雰囲気だった。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック