エビの季節

この時期はエビサボテンと呼ばれるエキノセレウスの花が多い。最初は豪華な三光丸(Echinocereus pectinatus)。チューリップ状に咲いて、全開までは行かないようだ。次も大輪の華山(E.papillosus)、大群生して花着きも良いお勧め品だ。次はパマネシオルム(E.pamanesiorum)だが、もしかするとラウーイ(E.laui)との雑種だったかも知れない。その次が片親のラウーイだ。何となく前者の色合いに後者の色が混じっているような気がする。自分で交配して、親と区別が出来なくなるなんて情けない話だ。次は小輪多花性の明石丸の仲間。群開しているのが明石丸品種ワインベルギーのベヌストゥス(E.pulchellus var.weinbergii'Venustus')。次の鮮明な赤紫花が、明石丸の変種でアギーレイ(E.pulchellus var.aguirrei)、T字型の刺が特徴で、見かけは地味だが花の美しさに驚かされた。その次は宇宙殿の変種クルエゲリー(E.knippelianus var.kruegeri)。淡いピンクの花で華やかさに欠ける気がする。最後は白刺で大群生するパーケリー(E.parkerii)だが、これは大金鯱の間に地植えしてある株で、鉢植えの株よりピンクが濃くて鮮やかだ。以上、全てメキシコのサボテンで、しかも全てキリンウチワ接ぎで仕立ててある。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック