バニラ咲く

昨日、香料温室の管理をしていてバニラ(Vanilla planifolia)の開花に気付き撮影してきた。本園8号オオオニバスの温室は池の縁に植えたバニラが順調で、毎年よく咲いているが、この香料温室は温度不足もあって、いつも勢いは今一だった。だから咲いているのを見るのはとても嬉しい事だ。今年は蕾数も多く、当分は咲いてくれそうだ。ラン科でメキシコ原産。その前のベッドではモクレン科のトキワレンゲ(Magnolia coco)がよく咲いている。バニラ同様1日花で1晩で散ってしまうが、丸っこい印象の可愛らしい花だ。中国原産。有名な香木のビャクダン(Santalum album)も小さいアズキ色の花を咲かせている。ビャクダン科で東南アジア原産。昨年の寒さでジンコウを枯らしてしまったので、これだけは大事に維持したいものだ。次はその横の温室のロニケラ・ヒルデブランディアーナ(Lonicera hildebrandiana)。昨日は丁度来園中の研修生に枯葉取りや手入れをしてもらったが、日本のスイカズラ同様、雑草並みに伸びて繁茂するため、手入れをしないとたちまちゴチャゴチャになってしまう。スイカズラ科でタイ、中国原産。屋外では大型に育つモクセイ科のキソケイ(Jasminum humile var.revolutum)が満開で、毎朝木の下が黄色くなるくらい花が落ちている。花着きの良い優秀な花木だが、樹勢が強すぎて、毎年相当剪定しないと現状維持が出来ない。ネパール原産。丁度ウルシ科のスモークツリーも見頃で、ヤングレディー(Cotinus coggygria 'Young Lady')のスモークがいい雰囲気だ。ヨーロッパ原産。その横では斑入りのセイヨウダンチク(Arundo donax var.versicolor)の新芽が丁度見頃でとても奇麗だ。ただ本種は根茎で年々広がるので、管理は要注意だ。ヨーロッパ原産でイネ科。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック