銀葉樹咲く

気が付いたら中庭の銀葉樹(Leucadendron argenteum)が咲いていた。今年は見易い位置で、結構数も咲いている。銀葉樹は南アフリカ原産、プロテア科の樹木で雌雄異株なので、これは雄花の咲く雄株だ。ワニ園の銀葉樹はこれが3代目で、初代は春の低気圧に吹き倒され、2代目は台風で倒された。この3代目も台風で痛め付けられているが、樹勢が弱った分、大きくなり過ぎないで、風の害を免れているようなものだ。次はアマリリスの水槽で咲き始めたパラグアイ原産、水生のセネシオ・イコグロッサス(Senecio iciglossus)。水生のアマリリス、ヒッペアストラム・アングスティフォリウム(Hippeastrum angustifolium)と同じ場所に生育していて、この藤色の花に感動して持ち帰ったのだ。最初は温室で大事にし過ぎてモヤシになってしまったが、この外の水槽に置いてからは、ほぼ放任で生育開花を繰り返している。次もパラグアイから果実を持ち帰ったノウゼンカズラ科のツル植物クスピダリア・コンボルータ(Cuspidaria convoluta)で、先般紹介したが、その2番花が咲いて来た。手前味噌ではないが本当に良い色だ。次はベゴニアの所で咲いてきたヒポキシス・コルチシフォリア(Hypoxis corchicifolia)。発芽直後は葉が少ない状態で花を咲かせるので黄花が目立つ。とても花着きが良くて使い勝手の良い植物だ。最後は2回目に催芽した球根ベゴニア(Begonia x tuberhybrida)が満開になった所。鉢数が少なくてちょっと物足りない印象だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック