多肉のバスケット飾り

パーラー屋上の手すりかけるフラワーバスケットには、冬はパンジー、夏はセンパーと相場は決まっているが、今年は暑さで早くにベゴニアが駄目になってしまった。そこで担当者に多肉でバスケットを作ってみればとアドバイスしたところ、ご覧のような飾りが出来た。5個所飾ったが、これで当分手かからずで、良い手を覚えた。DSCF6010.jpgDSCF6011.jpgその屋上降り口脇ではキョウチクトウ(Nerium oleander)が満開でバラ色の花が見事。去年、このキョウチクトウは剪定しなかったので、ボリュームたっぷり。ただ邪魔になる場所ではないので、豪華さが増していいものだ。キョウチクトウ科で中東からヨーロッパ原産。DSCF6005.jpgDSCF6007.jpg階段の上で咲いていたドリアンテス(Doryanthes palmeri)も今は見事な結実状態でフランクフルトみたいに大きな果実が面白い。我が家で咲いた時ははるか頭上だったので、こういう景観は見られなかったが、面白くていいものだ。ドリアンテス科でオーストラリア原産。DSCF5989.jpg香料温室横の土手では相変わらずヒメハギ科のセクリダカ(Securidaca sp.)が満開だ。これだけ奇麗な植物なのに、どうしても種名が判らなくて困っている。多分メキシコ原産。DSCF5993.jpgDSCF5991.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント