刺物へのこだわり

昨日の休みは、長野の刺物名人柿﨑氏の未亡人が送って下さったカクタス信州の柿﨑さん特集号を終日眺めていた。氏が刺物について連載していた記事を1冊にまとめた記念誌なのだ。それを見て、柿﨑さんが何に興味を持ち、何にこだわって刺物に傾倒していたかがよくわかった。芸術品のような刺物、より赤く、より黄色く、より太く、より長く、より密生し、よりがっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more