ベッセラなど

我が家のベランダでメキシコの小型球根植物、ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)が満開になった。本種の葉は細くて針金状なので折れやすく、鉢の移動をしないように最初から決めた場所に置き動かさないようにしている。高温が好きみたいで、温室を作った当初は現地の風景を再現して金鯱の根本に植えたりしたが、その時球根が猛烈に殖えたので、今につながっている。現在はキジカクシ科に分類される。DSCF6317.jpgDSCF6319.jpgDSCF6321.jpgもう1つベランダで、南アフリカ原産キンバイザサ科の小型球根植物エンポディウム・フレキシレ(Empodium flexile)が咲いてきた。毎年植え時を逸して袋の中で咲かせてしまうので、今年は本種とグラジオラス・カルミネウス(Gladiolus carmineus)をお盆過ぎに植えつけた。当然、グラジオラスなどすぐ発芽して来ると思ったのだが、全然動きがなくて、かえって驚いている。エンポディウムは正解だったようだ。DSCF6325.jpgもう1つベランダの棚下に置いてあった中国秋蘭が咲いていて驚いた。花付きの悪いランで、いつも開花を期待していないので、かえって突然咲いて驚かされる。中国秋蘭はスルガラン(Cymbidium ensifolium)の1系統ということらしい。DSCF6329.jpgDSCF6327.jpgワニ園の香料温室では昨年植え込んだ中国原産、キツネノマゴ科のリナカンサス・ナスータス(Rinacanthus nasutus)が咲いてきた。元気過ぎて大株は天井まで届いてしまい、花どころではない。DSCF6291.jpgDSCF6294.jpg近くのヤコウボク(Cestrum nocturnum)も花がビッシリだが、生憎夜咲きなので蕾ばかり。これはナス科で中南米原産。タイから来た八重咲きのオマツリライトノキ(Wrightia religiosa)やマダガスカルジャスミン(Stephanotis floribunnda)も良く咲いている。どちらもキョウチクトウ科だ。DSCF6296.jpgDSCF6304.jpgDSCF6301.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント