ブルンス、ヘディキウム、アマリリスなど

我が家ではブルンスビギア・マルギナータxエランズモンタナ(Brunsvigia marginata x B.erandsmontana)が見頃だ。左側の最初の株は花数が少なかったが、こちらは豪華だ。こんな花がリビングに飾ってあると賑やかでいい。南アフリカ原産でヒガンバナ科。DSCF6781.jpgDSCF6783.jpg分園、香料温室では夏に定植したヘディキウム・ゴメシアナム(Hedychium gomezianum)が奇麗に咲いて、丁度アゲハチョウが来て蜜を吸っていた。繊細だし香りも良いし、チョウチョも魅了されるわけだ。ショウガ科でインド原産。本来は着生種らしい。DSCF6790.jpgDSCF6789.jpg外の土手ではシロバナマンジュシャゲ(Lycoris albiflora)が1本だけ花を咲かせている。前は4〜5本咲いた記憶があるが、リコリスが他の植物との競合でまけるなんて珍しいことだ。日本原産の自然雑種で勿論ヒガンバナ科。DSCF6792.jpgDSCF6794.jpg1号温室では秋咲きのアマリリス、スパイダーxォータム・ピンクレディー(Hippeastrum 'Spider x Autumn Pink Lady')がこの秋2本目の開花だ。暖かいせいか、1日で2輪も咲いてしまった。DSCF6806.jpg最後は昨日報告したシャクナゲの剪定の前と後。今日1日、切った枝を運んでは刻み、隣のストロベリー・グワバも合わせて剪定し、最後は切れた鉄条網をつないで仕上げ。こんな仕事でも結構手間がかかる。DSCF6771.jpgDSCF6798.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント