秋の日に映えて

先日、休みの日の我が家のサボテンの花だ。最初はペルー原産、マツカナ・マジソニオルム(Matucana madisoniorum)緋色花の基本種。我が家では白花ばかりが多くて、基本種の方が珍しい。次はチリ原産、コピアポア・ラウーイ(Copiapoa laui)、小型種で花付きは良く、子吹きも良いから殖えそうなもんだが、蒸れに弱いのが欠点で、高温性の刺物と同居させる事自体が無理なようだ。DSCF7633.jpgDSCF7634.jpgDSCF7631.jpg次は赤花兜(Astrophytum asterias)、ヘキルリランポー玉(A.myriostigma)、光山(Leuchtenbergia principis)の順。光山はようやく好天で満開になった。DSCF7592.jpgDSCF7607.jpgDSCF7609.jpgDSCF7595.jpgDSCF7596.jpg次の3種はチュルビニカルプス・ディキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)、黒槍玉(Gymnocactus gielsdorfianus)、エスコバリア・ヘステリー(Escobaria hesteri)だ。どれも満開だ。以上はどれもメキシコ原産。DSCF7600.jpgDSCF7599.jpgDSCF7602.jpgDSCF7604.jpg最後は咲き始めたディッキア・マルニエールラポストーレイ(Dyckia marnierlapostollei)。オレンジ色の花だが、小さくてピント合わせの難しいこと。いつも苦労する。ブラジル原産でパイナップル科。DSCF7638.jpgDSCF7639.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント