グロリオサ、クバノラなど

我が家の庭で忘れた頃に花を着けるのが、このグロリオサ・スーペルバ(Gloriosa superba)だ。細いツルが地を這って伸びたりするので、開花まで気付かない事も多い。南アフリカから中国まで分布するイヌサフラン科の球根植物だが、我が家の株は中国の西双版納から来た系統。寒さと競争しながら開花結実するので、種が若いうちに霜げることが多い。…
コメント:0

続きを読むread more

刺物など

昨日の温室は刺物など、北米物が結構咲いていた。最初はフェロカクタスのアラモサヌス(Ferocactua alamosanus)。結構花付きの良いサボテンで、近縁の黄彩玉は春1回だけなのに、本種は3〜4回咲くような印象だ。次は似たタイプの文殊丸(F.victoriensis)、これも数回咲くような気がする。そして金鯱(Echinocact…
コメント:2

続きを読むread more

実りの秋

果樹温室で結実中の果実が多くなってきた。ちょっと見ぬ間に随分と様子が変わる。最初は見栄えの良い大実のグワバ(Psidium guajaba)。普通のグワバは熟するところころ落ちてしまうが、本種の実は腐るまで着いているので、観賞期間が長い。食感はこりこりしていて青リンゴの味だ。次は赤実のグワバ。かつて私がタイから導入したものだが、花、葉、…
コメント:0

続きを読むread more

パパイヤあれこれ

今日は珍しい黄色のパパイヤ(Carica papaya)から紹介だ。パパイヤが熟すれば黄色く成るのは当然だが、今日紹介するのは若い時から黄色で、葉も黄色っぽく、全体が黄色いパパイヤで、とても目を引く存在だ。果実は熟するとオレンジ色になるので、黄色いままで熟する訳ではない。4枚目は同じ黄色果実のパパイヤでも葉柄が赤い赤軸の系統だ。これで味…
コメント:0

続きを読むread more

カカオ、ストロベリーグワバなど

果樹温室ではカカオ(Theobroma cacao)の花が満開だ。とは言っても直径1cm程の小さな花なので、注意しないと見逃してしまう。早くも小さなカカオが付いている枝もあり、これから一気に果実が増えるだろう。アマゾン原産で今はアオイ科に分類される。次はミカン科のシロサポーテ(asimiloa edulis)。今年は豊作だが、なかなか美…
コメント:4

続きを読むread more

ハナシュクシャ、タイワンツバキなど

分園事務所前でジンジャーことハナシュクシャ(Hedychium coronarium)が満開だ。甘い香りが素敵で、だれにも愛される花だろう。香料温室では同じ仲間のヘディキウム・ゴメシアナム(H.gomezianum)が咲いている。香りは弱いが繊細な花だ。ショウガ科でインドとネパール原産。中国から導入したキツネノマゴ科のリナカンサス・ナス…
コメント:0

続きを読むread more

ハナチョウジなど

我が家の温室の横で白花のハナチョウジ(Russelia equisetifolia)が満開になっている。ここはゴミ捨ての通り道になっていて、いつも蹴られたり引っかけられたりと散々痛め付けられているのだが、丈夫さがその上を行っていて、ご覧の通り奇麗なものだ。原産地はメキシコで、自生地の株は岩場で丈が20〜30cmの貧相なものだったが、条件…
コメント:0

続きを読むread more

バンクシア咲く

中庭の手入れをしていてバンクシアの剪定もしたのだが、丁度花が多くなってきた。これはバンクシア・セラータ(Banksia serrata)で丈夫で生育旺盛、バンクシアの中ではお勧めだ。プロテア科でオーストラリア原産。ちょうどその下でキミガヨラン(Yucca gloriosa)の斑入りが咲いてきた。大きなスズランみたいな花だが、なかなか雰囲…
コメント:0

続きを読むread more

ガマのうんちかよ?

けさ温室に入ってホース箱の所に行ったら、特有な臭いが、そうガマガエルのうんちの臭いで、我が家でもよくかぐ臭いだ。でも何度か出入りしているうちに、臭いがきつすぎる事に気がついた。うんちが鼻先にあればこれぐらい臭うだろうが、ちょっと見には見当たらない。そのうち、もしや裏のアリストロキア・ガレアータ(Aristolochia galeata)…
コメント:0

続きを読むread more

グラジオラス・カルミネウスなど

標題のグラジオラス・カルミネウス(Gladiolus carmineus)は11年前、友の会の方にいただいた球根だが、今までまともに咲かせたことがなかった。秋植え球根だが生育のスタートが早く、他の球根類を植えつける頃には、もう袋の中で発芽してモヤシになっているからだ。そこで今年は本種とエンポディウム・フレキシレ(Empodium fle…
コメント:0

続きを読むread more

スイレンが満開だよ

ベランダのスイレン、この日は満開だった。先だって鉢に油粕のペレットを埋め込んだので、それが効いてきたようだ。最初はタンザナイト(Nymphaea hybrid 'Tanzanite')だが、相変わらず良い色だ。白はカペンシス系の白花(N.capensis )で2株が開花、ピンクはカペンシス・ピンク(N.capensis 'Pink')で…
コメント:0

続きを読むread more