7年に一度の展葉

オニソテツの1種エンセファラートス・ゲリンキー(Encephalartos ghellinckii)は私の知る限り、もっとも生育の遅いソテツで、これまでの私の経験から7年周期で葉を展開している。同じオニソテツでもアルテンスタイニー(E.altensteinii)などは確実に年2回展葉するので、その生育の早さは相当だ。このゲリンキー、2〜…
コメント:0

続きを読むread more