アメリカデイゴの剪定

例年、寒さの増す11月始めにワニ池のアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)を剪定して坊主にするのだが、今年はまだ花が良く咲いていて勿体無いような状態だった。ただ度重なる台風で、葉が吹き飛ばされたおかげか、出る枝葉の量は少なく、ダンプ2台で片付いてしまった。例年、午前中に温室側、午後に駐車場側を片付けるのが段取りだが、今年は午前中で全て片付いてしまった。ただ切る量は大差ないから、木に登って切る私などはせわしなかった。つい頑張り過ぎてげっそり。まあ半日で済んだから良しとしよう。ブラジル原産でマメ科だ。DSCF7775.jpgDSCF7776.jpgDSCF7779.jpg今日、気が付いたら結実中のドリアンテス・パルメリー(Doryanthes palmeri)が2日続いた好天のおかげですっかり乾燥し、一気に口を開いてしまった。お客さんがぶつかると、種がみんな落ちてしまうので、慌てて花序ごと収穫。研究室入口に置いて撮った写真がこれ。置いただけで種が20粒もこぼれたので、今度はそっと部屋に持ち込んでテーブルの上においた。この調子だ1000粒も収穫出来そうだが、本種の場合開花の度に種子が穫れるので、勿体無い話だが、実際は使うあてのない種ということだ。オーストラリア原産でドリアンテス科。DSCF7780.jpgDSCF7783.jpgDSCF7785.jpg最後は果実つながりで事務所棟屋上で結実中のコチニールウチワ(Opuntia cochenillifera)。赤い染料カーミンを採るカイガラ虫の宿主となるウチワサボテンだ。サボテン科でメキシコ原産。DSCF7772.jpgDSCF7771.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント