黒牡丹など

サボテンの大先輩、故平尾博さんにいただいた黒牡丹(Ariocarpus kochoubeyanus)が咲いた。我が家と温室を新築した際、平尾さんに新築祝いは実生苗でとお願いしたら、数年にわたって次々とプレゼントして下さったなかの1つで、もう20年近いはずだ。そんなこんなで、我が家には思い出と一緒に育てているサボテンが多く、金を出して苗を買うなどということは、ここ数十年来した事がない。買ったのは種だけだ。種を買い、キリンウチワ接ぎで育て、それを標本に仕立てて行く、その繰り返しで今のコレクションが成り立っている。DSCF8269.jpgDSCF8272.jpg次はマミラリアの白玉兎(Nammillaria geminispina)と大福丸(M.perbella)。白刺マミにピンクの花で、これからの時期、こういうタイプが多くなる。次は刺物の文殊丸(Ferocactus victoriensis)。毎年こんな時期まで咲いていたかなと疑問に思うのだが、咲いてくれて悪い気はしない。香りの良い花だし、本種が咲いていると甘い香りが立ちこめ幸せな気分になれる。以上はメキシコのサボテン。DSCF8274.jpgDSCF8276.jpgDSCF8279.jpgDSCF8281.jpg次はペルー原産、マツカナ・マジソニオルム(Matucana madisoniorum)の白花。非常に花付きが良くて次々咲くので、このブログの常連だが、すっきりした上品な花で私の好み。夜も花が閉じないところも嬉しい。DSCF8289.jpgDSCF8291.jpg最後は、これも常連、ブラジル原産、小型柱サボテンのアロハドア・ナナ(Arrojadoa nana)。多分これは夜の女王などに接いであって元気だから次々咲いて来るらしく、正木の他種は全然咲かない。接ぎ木、大いに結構ということだ。これは11月23日分のブログとさせて下さい。24日は恐縮ですが、ネタ切れでお休みさせていただきますので悪しからず。DSCF8278.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント