クロガネモチなど

バナナ温室を抜けると、隣の地所に大きなクロガネモチ(Irex rotunda)が聳えていて、それに今赤い実がびっしりと成っている。いつも近視眼的に被写体を追っているので、こういう大きな木は案外見忘れてしまい、今年初めての紹介だ。我が家の下にも結構大きな木があるのだが、今年はイリオモテアサガオにびっしりと被われてしまい、もう枯死寸前の状況だ。先だって太いツルを切ったので、絡んでいた部分がみんな枯れ、あ、こんな所にクロガネモチの枝がと気付く始末。日本原産でモチノキ科。DSCN0520.jpgDSCN0522.jpgDSCN0517.jpgテラピアの池の横では目隠しに植えて有る「絞り侘助」(Camellia hybrid 'Shibori Wabisuke')と秋の山(C.japonica 'Akinoyama')が咲いている。秋の山は絞りの花だが、枝変わりの赤一色も咲いていた。鳥舎の横では玉の浦(C.japonica 'Tamanoura')の1番花が咲き出した。ツバキの花は総じて遅れ気味のような木がする。DSCN0524.jpgDSCN0526.jpgDSCN0528.jpgDSCN0529.jpgDSCN0538.jpgDSCN0540.jpg鳥舎正面では黄色い蕾が目立ち始めたソシンロウバイ(Chimonanthus praecox var.concolor)がボチボチ咲いている。例年、もっと早かったと思うが、これもツバキ同様遅れ気味だ。ロウバイ科。最後画像がダブっているが、原因が分からず、消去もできないのでそのままアップするので、悪しからず。DSCN0543.jpgDSCN0541.jpgDSCN0541.jpgDSCN0522.jpgDSCN0520.jpgDSCN0541.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント