球根ベゴニアが開花開始

今年は冷蔵庫の温度が高くて、冷蔵中に5cmも芽を伸ばしてしまった球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)、当然生育は前倒しになり、例年より2週間も早く開花期を迎えた。この分だと正月には満開になって、お客様には喜ばれるだろう。おかげで株が大きく成り過ぎて、スペースはギュウギュウ。これ以上鉢の間隔を広げられないのがつらいところ。DSCF8574.jpgDSCF8564.jpgDSCF8568.jpgDSCF8576.jpgこれから咲いて来る球根の珍花パラモンガイア(Paramongaia weberbauerii)も一気に大きくなって来ており、花芽も今で5本あるので、開花も12月中旬まで早まりそうだ。本当は1輪づつ順番に咲いてもらいたいのだが、暖冬気味なのでどんどん育ってしまう。ヒガンバナ科でペルー原産。エアプランツの所ではクリスマスの定番、ティランジア・ストリクタ(Tillandsia stricta)に花が上がってきた。花付きを売店に置けば飛ぶように売れるNo.1商品だが、いざ育てると時間のかかる植物だ。パイナップル科でブラジル原産。DSCF8566.jpgDSCF8572.jpgDSCF8570.jpg実は昨日から、年末恒例の温室洗いにかかっているのだが、昨日香料温室の屋根に上ったら下でカユプテ(Melaleuca leucadendron)の花が咲いているのに気付き、早速撮ってきた。こんな機会がないと見逃してしまうところだった。最後は満開のカンツバキ(Camellia hiemalis)。ツバキ科で日本原産。花を楽しみながらの温室洗いもいいものだ。ただ昨日は低気圧による暴風雨で、暖かいのは助かったが、エンジン噴霧機を濡らさないようにするのが大変だった。DSCF8586.jpgDSCF8590.jpgDSCF8596.jpgDSCF8594.jpgDSCF8592.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント