温室洗い

この時期、正月に備えて温室洗いの真っ最中。今日も終日屋根の上で、写真を撮る間もなかった。幸い昨日の写真があったので、明日、土曜日、書けない可能性があるので、アップしておく。入口に飾ったポリキセナ・コリンボーサ(Polyxena corymbosa)が満開で良く香ること。近くで通路洗いをしていると、2〜3m離れていてもふっと匂うことがあり、気が和む。キジカクシ科で南アフリカ原産。DSCF8674.jpgDSCF8677.jpgDSCF8678.jpgまた栽培温室の屋外で咲かせたアマリリスのオーリクム(Hippeastrum aulicum)も何鉢か持ち込まれて彩りとなっている。驚いたのは寒いと花保ちが良いことで、温室だと3日で駄目に成る花が10日以上も保っているのだ。ヒガンバナ科でブラジル原産。DSCF8623.jpgDSCF8621.jpgパパイヤ温室では今がミラクルフルーツ(Synsepalum dulcificum)の最盛期。採りきれないほど色付き枝を飾っている。アカテツ科で熱帯アフリカ原産。DSCF8658.jpgDSCF8656.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

藤原
2019年12月06日 23:23
我が家のミラクルフルーツも多くの実をつけていますが、一つ問題がーーーーー。

実の表面に小さな黒い点がいくつも見られましたので、ティッシュペイパーで拭き取りましたが、小さすぎて虫眼鏡で見ても何なのか判りません。
そこで、実体顕微鏡を持ち出してよくよく観察しましたところ、気味の悪い形相の小さな小さなダニの様な動物が、足を動かしていました。

これらミラクルフルーツの苗は、居間の出窓部分においていますので、農薬の代わりに家庭用殺虫剤をスプレーしました。
お陰様で、実も順調に育ってきましたが、時折 再発が見られますので、その都度殺虫剤を噴霧してしのいでいます。
他に妙案があればご教授よろしくお願いします。

ところで、Camptosema grandiflora が総状花序をぐんぐん伸ばしていて、現在 最長のものは50cm位になっています。 現在4つか5つ、総状花序を伸ばしていますが、我が家では初めてのことです。我が家での初花が開花すれば、報告させて頂くつもりです。
学芸員
2019年12月08日 18:44
藤原さん、久し振りです。ミラクルの小さな害虫、鉢植えならオルトラン粒剤が効果的だと思います。ただ散布後はしばらくミラクルを食べないよう自粛して下さい。問題ないとは思いますがね。
カンプトセマ、当園では温室を諦めて露地に植えてあります。とても元気ですが花芽はありません。お目出度うございます。咲いたら報告して下さい。
藤原
2019年12月08日 19:38
アドバイス有り難うございます。

早速、10号鉢に植えている大株にオルトランDX粒剤を2g施しました。
他の鉢には今のところ発生していないようですが、念の為、明日埋め込み散布します。

今まで悩まされていたベトベトした粘着性の液は、どうやらこの虫がお尻から出す分泌液だったようです。 オルトランは浸透性ですから、虫に壊滅的打撃を与えてくれるようで楽しみです。本当に有り難うございました。