ようやく温室洗い終了

今朝、1時間ほど頑張って温室洗いを終わらせた。実は昨日、「生き物文化誌学会」が当園で開催されたため、私は昨日も温室洗いを1時間程しか出来ず、せわしないこと。1年で一番忙しい週の1日を会議とは皮肉なものだが、バナナがテーマだっただけに、私には良い勉強になった。私の恩師、進化研の湯浅先生の講演では、相変わらずの博識振りに、唯々感心。この会の…
コメント:0

続きを読むread more

温室洗い

この時期、正月に備えて温室洗いの真っ最中。今日も終日屋根の上で、写真を撮る間もなかった。幸い昨日の写真があったので、明日、土曜日、書けない可能性があるので、アップしておく。入口に飾ったポリキセナ・コリンボーサ(Polyxena corymbosa)が満開で良く香ること。近くで通路洗いをしていると、2〜3m離れていてもふっと匂うことがあり…
コメント:3

続きを読むread more

我が家の庭から

先日の好天時、我が家のベランダではオキザリス・グラブラ:桃の輝き(Oxalis glabra)が満開だった。非常に繁殖の良い種で、小さなポット苗が数年でプランター一杯になった。一方、黄花のマンジャナ(O.'Manjana')は余り殖えない。同じオキザリスでも色々あり、もう咲き終わったヘテロフィラ(O.heterophylla)や、まだ咲…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスカクタスとカランコエ

季節になって、栽培温室で仕立てたクリスマスカクタス(Schlunbergera truncata hybrid)が飾られた。担当者得意の品目で、毎年実に上手に仕立てて園内各所に飾ってくれる。私などはサボテンが趣味でも、この仲間を上手に育てられた経験はなく、結果、敬して遠ざけるというか、我が家には1株もない。これらは20年も30年も前の品…
コメント:2

続きを読むread more

パフィオペディルムの季節に

冬めいてきて、1号温室パフィオペディルムの園芸品種のコーナーもぼつぼつ花が多くなって来た。一番多いのは黄花のインシグネ・サンデレー(Paphiopedilum insigme var.sanderae)の系統で、多くの蕾が上がっている。東南アジア原産。他の品種も咲いて来たが、40年、50年と作り継いで来た株ばかりなので、正直ラベルはあて…
コメント:0

続きを読むread more

球根ベゴニアが開花開始

今年は冷蔵庫の温度が高くて、冷蔵中に5cmも芽を伸ばしてしまった球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)、当然生育は前倒しになり、例年より2週間も早く開花期を迎えた。この分だと正月には満開になって、お客様には喜ばれるだろう。おかげで株が大きく成り過ぎて、スペースはギュウギュウ。これ以上鉢の間隔を広げられないのがつらいとこ…
コメント:0

続きを読むread more

牡丹類など

秋も押し詰まって初雪に驚かされる今日この頃、我が家の温室では牡丹類がぽつぽつ咲いている。アリオカルプス・ヒントニー(Ariocarpus hintonii)はキリン接ぎの降ろしが元気で次々と花を上げている。黒牡丹(A.kotschoubeyanus)は故平尾さんの思い出の品、その小型変異、白花の姫牡丹は後輩の実生苗で、1年程前にプレゼン…
コメント:0

続きを読むread more

満開のネリネ・マンセリー

我が家のベランダに置いたネリネ・マンセリー(Nerine mansellii)。花が20本出たと以前書いたが、そのうち19本が開いて、今まさに満開だ。ご覧の通りの華やかさで、これを来年倍に株分けすれば、2〜3年後には50本位咲いてくれるのではないかと夢見ている。私はネリネの栽培が下手だから、私の拙い管理でも育ってくれるマンセリーに限って…
コメント:0

続きを読むread more