カランコエとフブキバナ

バナナ温室出口とパパイヤ温室入り口にカランコエが飾られて久しいが、ようやく花が多くなり見頃になって来た。2品種植わっていて、立ち性で赤い花がカランコエ・マンギニーのミラベラ(Kalanchoe manginii 'Milla bella')、オレンジで吊り下がって咲くのがマンギニー・サンライズ(K.manginii 'Sunrise')だ。一昨日は雪でシャボテン公園が閉園、天城も真っ白だったが、幸い分園はミゾレが少々で、カランコエが霜げるほどではない。雨や曇りが多く、日中寒い日も多いのだが、暖冬と言えば暖冬なのだろう。ベンケイソウ科でマダガスカル原産。DSCN1200.jpgDSCN1196.jpgDSCN1198.jpgDSCN1203.jpgDSCN1206.jpgDSCN1208.jpg香料温室ではこの時期の定番、シソ科のフブキバナ(Iboza riparia)が咲いて来た。南アフリカ原産で、一斉に咲くと美事なものだ。DSCN1235.jpgDSCN1234.jpgDSCN1232.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント