クリスマスローズとステノメソン

今朝、カンツバキの下でクリスマスローズ(Helleborus niger)が咲いているのに気がついた。最初の1輪で実に奇麗に咲いていた。キンポウゲ科でヨーロッパ原産。鳥舎前のソシンロウバイ(Chimonanthus praecox var.concolor)も満開で奇麗な事。青空に映えて素晴らしい景観だ。ロウバイ科で中国原産。DSCN0682.jpgDSCN0684.jpgDSCN0686.jpgDSCN0693.jpgDSCN0695.jpg温室ではステノメソン・バリエガータム(Stenomesson variegatum)が咲き始めた。夏に咲くと1週間も保たずに終わってしまうが。冬場は3週間位は楽しめるはずだ。但しこの時期は派手な球根ベゴニアや巨大輪花のパラモンガイア(Paramongaia weberbaueri)があるため。ちっとも目立たないのがつらいところ。そのパラモンガイア、今咲いているのは最大輪の系統で、花径は17cm位になる優良系統だ。共にヒガンバナ科でペルー原産。DSCN0725.jpgDSCN0729.jpgDSCN0733.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント