本園6、7、8号にて

本園に行ったついでに撮って来た植物。6号ではオオハマオモト(Crinum gigas)が咲いていた。小笠原などに分布し、名前の通りハマユウが巨大になった様な植物だ。ヒガンバナ科。その近くでは、ルエリア・マクランサ(Ruellia macrantha)が飾ってあった。栽培温室で育てて、ここに飾ってあるものだが、背の高く成る植物を多分矮化剤で小さく仕立てたようだ。キツネノマゴ科でブラジル原産。DSCN0763.jpgDSCN0759.jpgDSCN0757.jpg8号ではベニマツリ(Rondeletia odorata)の仲間、ロンデレチア・リューコフィラ(R.leucophylla)が良く咲いていた。多分、国内でもここしかない珍品だが、かつてメキシコのラウー氏が種を送ってくれたもの。さりげなく植えてあるところが、当園のすごいところ。池の縁ではヘリコニア・プシッタコルム(Heliconia psittacorum)が咲いていた。ヘリコニアの小型種だが、今はここにしか植えていないようだ。ヘリコニア科でブラジル原産。DSCN0808.jpgDSCN0806.jpgDSCN0811.jpg次はオオオニバス(Victoria regia)の花とルドウィギア・セドイデス(Ludwigia sedoides)。後者はアカバナ科の水草でブラジル原産。寒さに極めて弱く、当園では夏の水草だが、それが今の時期咲いているということが驚きで、それだけ気候が暖かいということなのだろう。DSCN0838.jpgDSCN0839.jpgDSCN0841.jpg最後は8号屋外のキダチアロエ(Aloe arborescens)。今が満開で見頃。伊豆ではどこでも見かける風景だが、いかにも伊豆らしくていい。南アフリカ原産でツルボラン科。DSCN0846.jpgDSCN0844.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント