ツバキなど

我が家でもツバキが一気に咲いて来た。我が家で唯一豪華な花の洋種ツバキ、エレガンス・スプレンダー(Camellia japonica 'Elegans Splendor')も咲いてきた。しかしこの多湿な暖気のせいで、蕾の段階から花腐れ病が入って弁に茶色いシミが入ってしまい。観賞に耐えない。エレガンスの類は特に感受性が高くて困り物だ。本種はアメリカの品種だ。DSCN0454.jpgDSCN0456.jpg日本種では気付かない内に新潟のユキツバキ品種、金世界(C.rusticana 'Kinsekai')が満開になっていた。赤い花弁が黄色い斑に映えて美しい。DSCN0468.jpgDSCN0473.jpgDSCN0470.jpgDSCN0474.jpgその株の下ではヒメツルニチニチソウ(Vinca minor)が満開だ。本種がこんな咲くのは初めてで、今年は余程条件が良いのだろう。キョウチクトウ科でヨーロッパ原産。DSCN0476.jpgDSCN0478.jpgベランダではクリスマスローズの品種サクラシフォン(Helleborus orientalis 'Sakura Chiffon')が咲いている。確かミヨシの品種だったと思うが、株の生育は遅く、中々大きくならない。キンポウゲ科でヨーロッパ原産、ローマンヒアシンス(Hyacinsus orientalis)も何系統か咲いて来た。写真にすればみな同じに見えるが、株姿、香りは異なる。キジカクシ科でヨーロッパ原産。DSCN0466.jpgDSCN0462.jpgDSCN0464.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント