トックリアナナスの季節

これから暫くの間は、トックリアナナス(Aechmea recurvata)の季節で次々に咲いて来るはずだ。先ず最初が基本種のトックリアアナス。これは私が車の管理をお願いしている修理工場からいただいて来た系統で、確実に種ができるので、何度か実生更新もしている。次は園芸品種のアーティチョーク(A.recurvata'Artichoke')とレッドフォーム(A.recurvata'Red form')。そしてトックリアナナスとコマータの交配のコバータ(A.x covata)の順だ。パイナップル科でトックリはブラジル原産。DSCN0001.jpgDSCN0003.jpgDSCN0007.jpgDSCN0009.jpgDSCN0006.jpgDSCN0012.jpgクンシランの豪華展示の所では、デンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum)とノビーレ品種(D.nobile)が満開で華やかな事。香りも素晴らしい。ラン科で前者はオーストラリア、後者はインド原産。DSCN0061.jpgDSCN0063.jpgソテツの頭上ではイポメア・ランビー(Ipomoea lambii)も満開で昨日あたりは20〜30輪咲いていた。これで結構カイガラムシの被害が酷いので、昨日はソテツと併せて100 リッターも消毒したが、効いてくれれば良いが!ヒルガオ科でメキシコ原産。DSCN0065.jpgDSCN0068.jpg入口では球根性のキンレンカ、トロパエオルム・トリカラー(Tropaeolum tricolor)とブラキセラス(T.brachyceras)がいよいよ賑やかになってきた。昨年は種がとれたので、先だって遅ればせながら播種したが、ちゃんと発芽して細いツルを伸ばしている。ノウゼンハレン科でチリ原産。最後は遅ればせながら咲いてきた南アフリカ原産、キジカクシ科のホワイトヘッディア・ビフォリア(Whiteheadia bifolia:Massonia)。DSCN0072.jpgDSCN0073.jpgDSCN0076.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

わるとん
2020年02月29日 16:47
こんにちは。初めまして。
いつも楽しみにして読んでいます。

今回の記事のカイガラムシに対する消毒ですが、何をお使いですか? カイガラムシの種類によって違うのかもしれませんが、薬は効かないし、手で取ってもすぐ元通りになってしまうし、困り果てています・・・
学芸員
2020年03月01日 12:40
わるとんさん、コメントありがとうございます。
当園では、もっぱらスプラサイドを使っています。アクテリックが便利で良かったのですが、製造中止になってしまい、困っています。
カイガラムシは今の時期、爆発的に殖えますから先手を打って消毒ですね。増えてからでは手に負えません。
わるとん
2020年03月02日 08:10
お返事ありがとうございます。
今度、成虫になっているのを取ってから、これを使ってみます!