白い多肉の春

休眠期を前にして、研究室窓辺の白い多肉は花が多い。エケベリアの代表種ラウーイ(Echeveria laui)は今が見頃だし、その交配種ラウリンゼイ(E.x lau-lindsayi)も咲いている。毛色の変わった所ではグラプトペタルムとエケベリアの交配種、グラプトベリアのイエティー( Graptoveria 'Yeti')も咲いている。この花は多分片親の初霜(Graptopetalum paraguayense)にそっくりで大型。特徴はある。これらはベンケイソウ科の多肉植物で、ラウーイはメキシコ原産。DSCN2081.jpgDSCN2079.jpgDSCN2084.jpgDSCN2085.jpgDSCN2076.jpgDSCN2078.jpgDSCN2087.jpgDSCN2090.jpg1号温室では球根ベゴニア(Begonia x tuber-hybrida)の第2陣が咲き始めた。第一陣が1ヶ月も早く咲き始めて、もう殆ど終わりなので、急いで第2陣を育苗したのだが、やはりこの状態になるまで3ヶ月かかるので、展示を維持するのに苦労した。この後シンニンギアなどが咲いて来れば、少し賑やかになるが、それはまだ先。DSCN2092.jpgDSCN2093.jpgDSCN2096.jpgDSCN2097.jpgDSCN2100.jpg今はアマリリスやヒポキシスのコルチシフォリア(Hypoxis corchicifolia)が咲き始めて、場をごまかしている。これはキンバイザサ科で南アフリカ原産。リプサリスの所では間に飾った食虫植物のピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)が満開。本種は本当に良く殖え、1年で10倍も可能だが、葉が脆いので、このように置きっぱなしでいじらない管理が肝要。タヌキモ科でメキシコ原産。DSCN2101.jpgDSCN2104.jpgDSCN2106.jpgDSCN2108.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント