サボテンです

我が家のサボテンの花も少なくなったので、今日は2日分をまとめて紹介する。最初はワニ園で咲き始めたヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewintera colademononis)。サルノシッポという意味の学名だ。我が家の株は老化して更新中なので、花も遅れている。これは一番花で、これから数十輪がまとめて咲くようになる。ボリビア原産。この仲間では我が家のクライストカクタス・スルシフェル(Cleistocactus sulcifer)と吹雪柱(C.strausii)が咲いている。前者はペルーで後者はボリビア原産。DSCN3279.jpgDSCN3276.jpgDSCN3133.jpgDSCN3132.jpg同じ南米ものではレブチアが花期を迎えた。明るいオレンジはレブチア・フィーブリギー(Rebutia fiebrigii)、黄色は黄花宝山(R.fabrisii var.aureiflora)、にぶいオレンジはsp.MN147 (R.sp.MN147)だったと思う。これらはアルゼンチン原産。姿は地味だが、コピアポア・エスメラルダナ(Copiapoa esmeraldana)も良く咲いている。これはチリ原産。DSCN3260.jpgDSCN3258.jpgDSCN3255.jpgDSCN3251.jpgDSCN3123.jpgメキシコ産では黄彩玉(Ferocactus schwarzii)が咲き始めた。かつて本種の自生地を見に行った思い入れのあるサボテンだ。直径は30cm近い。DSCN3245.jpgDSCN3247.jpg次はチューレンセ(Astrophytum myriostigma 'Tulense')の群生株。花は小さいが群開して素敵だ。次はエビの宇宙殿変種レジェシー(Echinocereus knippelianus var.reyesii)と明石丸変種ワインベルギーのベヌスタス(E.pulchellus var.weinbergii 'Venustus')。ラベルは間違っている。DSCN3127.jpgDSCN3115.jpgDSCN3119.jpg最後はマミの白鳥(Mammillaria herrerae)と膨らんで来た銀冠玉(Lophophora fricii)。DSCN3121.jpgDSCN3249.jpg
ginnkann 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント