美花マミの数々

この時期はマミラリアも次々咲いて紹介し忘れたりする。今日最初のテレサエ(Mammillaria theresae)がそうで、私の大好きな花なのに忘れていた。本種は年に5〜6回も咲くので、慌てることはないのだが、奇麗な花は皆さんに見てもらいたい。この類でデヘルドティアナ(M.deherdtiana)も昨日咲いていた。これは以前平尾さんにいただいた株の生き残り。サックシードから入れた種は、ちょっと雑種ぽくて、その間に絶えてしまった。可愛らしいルエティー(M.luethyi)も2番花が1輪だけ咲いた。DSCN3031.jpgDSCN2834.jpgDSCN2838.jpgDSCN2998.jpgDSCN2997.jpgDSCN2837.jpg同じマミでも白マミの代表種白鳥(Mammillaria herrerae)は基本種のピンクと白に近い淡色花が咲いていた。ミニ中のミニ、ギゼラエ(M.giselae)や、毛色は違うが黄大輪の金星(M.longimamma)も1つ咲いていた。DSCN3007.jpgDSCN3005.jpgDSCN3034.jpgDSCN2849.jpgDSCN3029.jpgマミに近い所ではチュルビニカルプス・クリンケリアヌスの変種ミニムス(Turbinicarepus klinkerianus var.minimus)が小さな黄色花を付け、エスコバリアのジルジアナ(Escobaria zilziana)が乳白色の花を付け、銀牡丹(Encephalocarpus strobiliformis)が鮮やかな花を付けていた。DSCN3017.jpgDSCN3009.jpgDSCN3011.jpgDSCN3027.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント