アンスリウムが見頃に

分園1号温室でアンスリウム(Anthurium andreanum cvs.)が見頃になった。分園の植物スタッフが1人足らなくなってもう1年以上になるが、そのおかげで私がアンスの担当するようになって、というより1号温室全てを担当するようになって久しい。ましてここ2ヶ月雇用調整で人を減らしているので、さらにせわしないことになっている。明日の分園は私一人だ。そんな状況でも5月になったらアンスの花が増えて、今が見頃だ。これだけ花が増えると、自分で管理していても嬉しくなる。ここのアンス、30年程前にハワイからまとめて導入した品種群が基本となっており、それに後年オランダの品種が加わって今日に至っている。そう考えると、これらは長年元気で丈夫なものだ。そろそろ施肥管理もしなければならないのだが、アンスは案外肥料好きで、配合肥料をシーズンに何回かベッドにばらまくのだ。DSCN4416.jpgDSCN4417.jpgDSCN4420.jpgDSCN4421.jpgDSCN4423.jpgDSCN4427.jpgDSCN4429.jpgDSCN4432.jpg1号のベゴニアの所ではブラジル原産、黄花のコスタス・ワーミンギー(Costus warmingii)が咲き始めた。根株が何芽も詰まって団子状になっているのだが、これをばらすと花付きが悪いので、毎年、最低限の株分けで植え替えるようにしている。逆にこれから育ってくるアフリカから来た巨大葉のコスタス・スペクタビリス(C.spectabilis)は1芽に分けて管理するのがポイントで、それだと5号鉢でも十分咲かせられ、管理も楽だ。DSCN4373.jpgDSCN4372.jpgその横ではシンニンギア・トゥビフローラ(Sinningia tubiflora)が咲いている。絶えて消えていく種が多いイワタバコ科の植物の中でも、本種は特別丈夫で良く殖える。DSCN4377.jpgDSCN4376.jpgその温室の外ではこれもブラジル原産、キントラノオ科のペイショトア・レティクラータ(Peixotoa reticulata)が咲き始めた。この仲間のツルは、どれも似たような黄花を付けるので、花だけでの同定は難しい。DSCN4386.jpgDSCN4384.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント