竜女冠咲く

2年振りに竜女冠(Echinocactus xeranthemoides)が咲いた。と言っても刺が邪魔して開けないのだが、これで開花ということだ。この株は15年程前に故柿﨑さんにいただいた正木苗で4号鉢だ。故小林さんが氏の著作で書いていたように、大竜冠の類としては育て易い植物なのだ。私のような栽培下手が正木で育てられるのだから、余程丈夫ということだろう。でも私としてはとても嬉しい。DSCN5290.jpgDSCN5295.jpg刺物ではフェロカクタス・アラモサヌス(Ferocactus alamosanus)が咲いてきた。どっしりとした大株になって、基本種のポッシー(F.potsii)の方が正しい名前かも知れない。神仙玉(F.coloratus)は相変わらず咲いている。DSCN5254.jpgDSCN5256.jpgDSCN5296.jpgロフォフォラでは銀冠玉(Lophophora fricii)の綴化とコエレシアーナ(L.koehresiana)が満開。DSCN5262.jpgDSCN5265.jpgDSCN5261.jpgヘキルリランポー(Astrophytum myriostigma)なども良く咲いている。白いのは3角ランポーのなれの果てで5稜になりつつある。DSCN5270.jpgDSCN5278.jpgDSCN5280.jpgDSCN5293.jpgDSCN5276.jpgエスコバリア・ヘステリー(Escobaria hesteri)とチュルビニカルプス・ディキソニアエ(Turbinicarpus dickisoniae)、今日もシンクロして咲いていた。チュルビニではクリンケリアヌスのミニムス(T.klinkerianus var.minimus)も満開。本種も丈夫で良く殖え、良く咲く。最後はコリファンタの巨象丸(Coryphantha andreae)。竜女冠はアメリカ、他はメキシコのサボテンだ。DSCN5258.jpgDSCN5285.jpgDSCN5286.jpgDSCN5282.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント