ロスマニア咲く

我が家の庭でロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)が一斉に咲き始めた。クチナシに近縁のアカネ科の花木だけあって、クチナシと丁度同時期に咲くようだ。ヒトデの様な星型の花が特徴で香りもある。この画像は2階から屋根に出て撮影したもので、毎年派手に剪定しても、それを上回る勢いで生育するため、2階からでも見上げるようなサイズになっている。我が家には南アフリカ原産のアカネ科の花木が3種植えてあり、本種が一番大木性で根元の直径は20cmもある。調べてみたら1988年の実生だから32年経っており、大きくなるわけだ。DSCN5500.jpgDSCN5507.jpgDSCN5504.jpgDSCN5503.jpgもう1種のロスマニア・グロボーサ(R.globosa)も生育旺盛だが、これは小型でも咲くので、今年も花後、派手に切り詰めて小さく維持しているが、根元からのひこばえが多く、ブッシュ状態だ。ガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)も大型だが、これは横張り性で、そんなに太くはならない。昨年の台風で傾き、派手に切ったが、あまり小さくなった印象はない。次はブラジル原産のトキワネム(Calliandra selloi )。夢を見るような美しい花が花期を迎えた。一時は早く大きくしようと、せっせと肥培したが、今では育ち過ぎて毎年半分程度に剪定している。勿論マメ科。DSCN5494.jpgDSCN5498.jpgDSCN5497.jpgDSCN5493.jpg最後は我が家のモリアオガエルで、窓辺のドリアンテスの葉に住み着いているのが「青ちゃん」。ユーカリに乗っかっているのもそうだ。夜になると3匹位が集まって鳴き交わしているが、温室内水槽やサッシにくっついていることもあり、雨の日には良く鳴く。スイレンに乗っかっているのは他所の子で、夕べの画像だがブチが多い。温室内には大きなガマも住み着いており、先日も踏みつけそうになって、お互い驚いた。DSCN5478.jpgDSCN5298.jpgDSCN5301.jpgDSCN5490.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント