ガーデニア、ロスマニア、バウヒニアなど

昨日、我が家で南アフリカ原産のクチナシ、ガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)の1番花が咲いていた。例年より随分早い気がする。今同じアカネ科で南アフリカ原産のロスマニア・カペンシス(Rothmannia capensis)が満開で、今まで本種とツンベルギアが同時に咲いたのを見た記憶がない。それだけガーデニアが早いということだ。DSCN6133.jpgDSCN6134.jpgDSCN6128.jpgDSCN6137.jpgDSCN6127.jpg分園、ワニ池横では白花のバウヒニア・フォルフィカータ亜種プルイノーサ(Bauhinia forficata ssp.pruinosa)が良く咲いている。背丈程だが、花は研究室から見た方が良く見える。夏らしい涼やかな花で私の好み。ようやくコンスタントに咲く大きさになって私も満足だ。マメ科でブラジル原産。DSCN6088.jpgDSCN6092.jpgDSCN6095.jpgDSCN6176.jpgDSCN6179.jpg温室ではマダガスカルから来た赤花のハイビスカス・フェルギネウス(Hibiscus ferrugineus)が咲いていた。小輪花だし、株は立性で使い難いが珍しさはある。アオイ科。同じ珍しさでは中米原産の木の葉サボテン、ペレスキア・ブレオ(Pereskia bleo)も咲いていた。去年、ティランジアコーナーの奥に置きっぱなしで枝を自由に伸ばしたので、今年は花が多く嬉しい。DSCN6124.jpgDSCN6123.jpgDSCN6118.jpgDSCN6117.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント