リリウム・フィリピネンシスなど

分園中庭でリリウム・フィリピネンセ(Lilium philippinense)が咲いている。花弁が純白で素晴らしい白さなので、タカサゴユリとは一目で区別できる。それに本種の方がいつも1週間位早く咲くので間違える事はない。昨年まではゾウガメ温室の横1個所だけだったが、今年はクリナムの並びにも咲き始めて嬉しいことだ。タカサゴユリもそろそろ一…
コメント:0

続きを読むread more

オオオニバスとムッセンダ

先日の休み、オオオニバスの様子を見て来た。どれだけ大きく成っているか期待していったのだが、クルジアナ(Victoria cruziana)は思ったより小さかった。オオオニバス(V.regia)は大きかったが、記録的と言う程ではない。まあボチボチというところ。スイレン科でブラジル、パラグアイ原産。池の縁ではビカクシダの群生が奇麗に育ってい…
コメント:0

続きを読むread more

夏咲きアマリリス

以前三宅さんにいただいた夏咲きのアマリリス(Hippeastrum sp.)が咲き始めた。繁殖旺盛で良く殖え今年は沢山咲きそうだ。本種、勿論原種のはずだが調べが付かず、名無しのまんまだ。我が家ではグラジオラス・サウンデルシー(Gladiolus saundersii)が咲いた。先に咲いたエックロニー(G.ecklonii)は丈夫で良く殖…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の花

夏本番になって、我が家のベランダではスイレンが奇麗だ。白はカペンシス系の白(Nymphaea capensis 'White')、ピンクはカペンシスのピンク(N.capensis 'Pink')、濃いバラ色はブルズ・アイ(N.hybrid 'Bull's Eye')、小輪は紫式部(N.micrantha hybrid 'Murasaki…
コメント:0

続きを読むread more

センニチコウ・ファイアー・ワークス

2年程前、知人にセンニチコウのファイアー・ワークス(Gomphrena 'Fire Works')を紹介され、私が1992年にパラグアイから根株を持ち帰った原種そのものだと、ピンと来た。持ち帰った株は5年位維持していたが、私と栽培温室が同時に枯らしてしまったため、絶えてしまった。本種の特徴は花にスパイシーなハンバーグを焼くような良い香り…
コメント:0

続きを読むread more

白い多肉の今

研究室窓辺の白い多肉、休眠期まっただ中でダドレヤは見る陰もなく干からびている。エケベリアは断水しないので元気。だから今日はエケベリアの画像からスタート。最初は人気のエケベリア・ラウーイ(Echeveria laui)。ご覧の通り周年美しいので作っていても楽しい。ベンケイソウ科でメキシコ原産。次はその交配種のラウリンゼイ(E.lau-li…
コメント:0

続きを読むread more

ガーデニアが三度満開

我が家の南アフリカ原産、アカネ科のガーデニア・ツンベルギア(Gardenia thunbergia)、今日3回目の満開を迎えた。2度目は少なかったが今回は見事だ。しかも中央にハス(Nelumbo nucifera)の粉松球の花が顔を出している。この下に大きな水槽があり、出て来たハスの花が、被い被さっているガーデニアの枝の間で咲いたのだ。…
コメント:0

続きを読むread more

ソテツあれこれ

先日、20号鉢植えのエンセファラートス・マニケンシス(Encephalartos manikensis)に雄花が出て来たと報告したが、その雄花と思っていた球果がムクムクと大きくなって雌球果であることが判明した。とすると雄花があれば採種できることになるが、栽培温室にやはり鉢植えの大株があるが、残念ながら雄花は望めないだろう。ザミア科で南ア…
コメント:0

続きを読むread more

珍花あれこれ

今日の新聞で7月の伊豆稲取の雨量が770mmとか。毎日25mmも雨が降れば、昨日書いた銀葉樹が根腐れするのも当然だろう。今日は温室内の珍花を紹介。最初は定番、赤葉のコンニャク、アモルフォファルス・パルビュールス(Amorphophallus parvulus)だ。今年は葉ばかりで花は少ないが、悪臭のひどい花なので、1〜2輪がいいところ。…
コメント:3

続きを読むread more

銀葉樹枯れる

この不順な雨陽気のお陰で、ついに危惧していた事が起きてしまった。南アフリカの喜望峰に産し、乾燥地性、プロテア科の銀葉樹(Leucadendron argenteum)がこの長雨で根腐れを起こし、枯れてしまったのだ。ようやく2m程まで生育し、これからと言うときに枯れるのはショックだ。当園の4代目銀葉樹はもう1株あるが、そちらの方が元気がな…
コメント:0

続きを読むread more