こりゃ何だ!

中庭にはベラドンナ・アマリリス(Amaryllis belladonna)が植えてあって、今が花期だ。最初に咲いた白花品種の白鳥は、ハマオモトヨトウの直撃を受け、花がボロボロで情け無い結果に。少し遅れて咲き出した在来種も、発芽前にハマオモトヨトウに食害されたのか、花茎が伸びずに地際で咲き出して、慌てて消毒をした。だから今はヨトウムシも一段落したのだが、今日見に行ったら、後から出て来た花茎も伸びないで、5本の花がみんな地際で咲いていて、むむっ!何だこれは?ということに。遅れた花はハマオモトヨトウの害は受けていないと思うのだが、消毒前に地中の茎が被害にあっていたのだろうか。どうも不思議な現象だ。花が奇麗に咲いているだけに、余計違和感がある。最後の白っぽい花はまともに咲いた三宅さんの品種フェボリット('Favolite')だ。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN8089.jpgDSCN8091.jpgDSCN8093.jpgDSCN8095.jpgDSCN8097.jpg中庭ではノボタンのコートダジュール(Tibouchina urvilleana ‘Cote d'Azur’)がいよいよ満開で見事なんて物ではない。兎に角凄い花数だ。ノボタン科でブラジル原産。DSCN8099.jpgDSCN8101.jpg入口ではエンゼルス・トランペットことブルグマンシア(Brugmansia hybrid)が満開だ。2日目になると花がピンクになるので、親にバーシカラー(B.versicolor)が使われているのだろうが、情報不足でここまで。ナス科で中南米原産。DSCN8081.jpgDSCN8083.jpgDSCN8085.jpgDSCN8087.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

YoYo
2020年09月15日 20:41
こんばんは。「害虫(pests)は植物のペットのようなものですよ」とあるイギリス人から言われましたが、修行が足りないようでそのような境地にはいたっておりません(トホホ)。
拙宅では夏場にフクシアがガの幼虫と思われる虫に食べられるので油断できません。角が1本出ている連中です。

ブルグマンシアは夜に良い香りがするので好きです。
近隣に植えられていたのを楽しんでいましたが、大きくなるので手に負えなくなったのか見かけなくなったのは残念なことです。
学芸員
2020年09月17日 12:40
YoYoさん、コメントありがとう。
ハマオモトヨトウならまだいいですが、一昨日、チャドクガの2度目の発生を確認。暑い夏の置き土産で、これには困ります。
ぼちぼち秋の花も多くなってきて、これからが楽しみです。
お元気で。