アフェランドラ・アルボレアなど

栽培温室からアフェランドラ・アルボレア(Aphelandra arborea)の鉢植えが届き1号温室の入口に飾った。初めて咲いた時には感激したものだが、もう5年目ともなると、ああまた来たな程度の反応になり、植物にちょっと申し訳ない気もする。キツネノマゴ科で西インド諸島原産。DSCN7847.jpgDSCN7844.jpgDSCN7846.jpg1号ではショウガ科,東南アジア原産ののケンフェリア・ロスコエアーナ(Kaempheria roscoeana)が奇麗に咲いている。パラグアイから来たマツバボタン属の原種ポーチュラカ・ギリエシー(Portulaca guilliesii)も咲いている。DSCN7821.jpgDSCN7824.jpgDSCN7820.jpgDSCN7818.jpgイワタバコ類はいつも通りだが、これもパラグアイから来たシンニンギア・アグレガータ変種ペンドゥリナ(Sinningia aggregata var.pendulina)が咲き、中国のチリタ・ラティフォリア(Chirita latifolia)も咲いている。私はチリタで覚えたが,今はプリムリナ(Primurina)と言うのだろう。白花はブラジル原産、シンニンギア・ユーモルファ(Sinningia eumorpha)、赤はアルゼンチン原産、ゲスネリア・ネマタントデス(Gesneria nematantodes)だが、今年は多分ホコリダニにやられて生長点がクシャクシャになり、花芽も育てない惨状。DSCN7826.jpgDSCN7830.jpgDSCN7827.jpgDSCN7832.jpg隣のグロキシニア・アリオン(Gloxinia 'Allion')も同被害で、夏のホコリダニなんて初めてだ。唯一元気なのが紫花のユーコドニア・アデル(Eucodonia 'Adele')で、これは奇麗に咲いている。これから冬に向かってスミシアンサ(Smithiantha spp.)の育苗中だが、これもホコリダニは要注意だろう。困ったものだ。DSCN7833.jpgDSCN7838.jpgDSCN7836.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント