ロードフィアラ咲く

台風の豪雨のおかげで秋植え球根類の生育が加速されたようで、今日はロードフィアラ・ビフィダ(Rhodophiala bifida)の花が1輪咲いていた。これから一気に花が上がって来るだろう。チリ原産でヒガンバナ科。DSCN7919.jpgボチボチ咲いていたベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)も本当に満開になった。メキシコ原産でキジカクシ科。DSCN7912.jpgDSCN7910.jpgグロリオサ・スーペルバ(Gloriosa superba)も何株かが咲いて賑やかになって来た。暑さで弱る植物もあれば、このように旺盛に伸びる植物もあり、面白いものだ。中国原産でイヌサフラン科。DSCN7915.jpgDSCN7917.jpgDSCN7921.jpgワニ園の温室ではティランジア・アブディータ(Tillandsia abdita)が咲いていた。花の少ない時期、このような彩りが見られると嬉しい。これはメキシコタイプ。同じパイナップル科でピトカイルニア・ヘテロフィラ(Pitcairnia heterophylla)の鉢に生えた自然実生が旺盛だ。この前年の種は何も生えなかったのに、今回はビッシリ。面白いものだ。ポットに鉢上げした苗もあるので、後継作りは万全だ。こちらはエクアドル原産でパイナップル科。台風と言うので,エアプランツ全体にタップリ灌水したが、その後も気温が下がらず30℃越えで、ちょっと灌水を早まったかと反省気味。まやってしまった事は仕方ないということ。DSCN7842.jpgDSCN7839.jpg入口にはトウガラシ(Capsicum annuum)の鉢植えが2タイプ飾ってある。トウガラシと言えば,今春寄贈された激辛トウガラシのカロライナ・リーパー、実が成っている株の上に、電線管理会社が、枝打ちした枝を積んでしまい、ボロボロになってしまったとか。台風前の枝打ち作業で仕方ない部分もあるが、勿体無い事をした。茎の部分は残ったので、鉢上げして温室管理するとの事だが、今年の収穫は駄目かも知れない。ということで、本種は写真も撮り損ねてしまった。ナス科でメキシコ原産。DSCN7850.jpgDSCN7851.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント