カトレア・ボウリンギアナなど

本園8号温室では丁度カトレア・ボウリンギアナ・セルーレア(Cattleya bowringiana var.coelulea)が満開で奇麗なこと。私はこの色が一番好きだ。原産地はガテマラ。DSCN9789.jpgDSCN9791.jpgDSCN9812.jpg珍しいところではヘリコニア・キサントビローサのショーグン(Heliconia xanthovillosa 'Shogun)が咲いていたが、もう咲き終わりで残念なこと。本当なら友の会会報の表紙に使いたい珍中の珍だが、担当者に連絡を頼んでおかなかった私のミス。また1年、待たなければならない。ヘリコニア科でパナマ原産。DSCN9806.jpgDSCN9804.jpgドミニカ原産の有名な花木、八重咲きショウジョウトラノオ(Warscewiczia coccinea 'David Auyang')も2株とも良く咲いていた。本種の寄贈主、エクゾチックプランツの尾崎氏曰く、日本で一番立派な株だそうだ。DSCN9776.jpgDSCN9802.jpgDSCN9778.jpg池の縁ではキバナサンタンカ(Ixora lutea)やクサギの仲間クラリンドウ(Clerodendrum nutans)も奇麗に咲いていた。前者はアカネ科でマレーシア原産、後者はクマツヅラ科でインド原産。DSCN9785.jpgDSCN9783.jpgDSCN9779.jpgDSCN9781.jpg最後も池の縁のブルージンジャー(Dichorisandra thyrsiflora)、ジンジャーと言ってもショウガ科ではなくツユクサ科でブラジル原産。DSCN9787.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

藤原
2020年11月12日 00:13
今 ショウジョウトラノオが咲いているのですか? 昨年6月、エクゾチックプランツさんの温室の中で咲いているのを見ましたが、この植物、環境さえ整えば年中開花するのでしょうか?
学芸員
2020年11月12日 17:41
藤原さん、ショウジョウトラノオは株が大きいので、多かれ、少なかれ咲いているような感じですね。育ててみては如何ですか。尾崎さんは、繁殖の秘訣を発見したとか。カンプトセマ、20本位花が出て30cm位に伸びていますが、蕾はまだケシ粒ほどで、ちっとも大きくなりません。イライラしますね。
藤原
2020年11月12日 20:55
ご返信有り難うございます。ショウジョウトラノオは、2012年3月にハワイから苗木を取り寄せましたが、その後、枯れかけては蘇る、の繰り返しで、現在のサイズは、鉢上 70cm位で、今年の夏頃に根元から出てきた、新しい枝です。そう言う意味では、成長は早いですね。
一度尾崎さんにツボをお伺いさせて頂く様にします。
カンプトセマ、開花が楽しみですね。花芽が出てきてから開花まで、1ヶ月くらい要したと思いますが、開花の節には、是非 広くP.R.お願いします。
学芸員
2020年11月13日 17:36
藤原さん、ショウジョウトラノオお持ちならもう一息ではないですか。頑張って下さい。カンプトセマ・グランディフローラは、花芽を確認してもう1ヶ月以上ですが、生育の遅いこと。あと1ヶ月はかかりそうです。