ツワブキが満開

昨日、いつもと別の道を通ったら熱川の温泉街でツワブキ(Farfugium japonicum)が満開だった。確か東伊豆町の花はツワブキだったと思うが、野生植物でこれだけ豪華な花も少ないだろう。ということで、昨日は得をした気分になった。勿論キク科で日本原産。DSCN9852.jpgDSCN9851.jpgDSCN9855.jpgDSCN9857.jpg余談だが、先日書評に[幻のアフリカ納豆を追え!」が紹介されていたので、早速購入。面白いので、ほぼ1日で読んでしまったが、圧巻はバオバブの種で納豆を作るくだりで、バオバブと納豆という、傍目にはまるで異質のもの同士が結びつく面白さ、たまらないね。しかもバオバブ納豆については、かつてアフリカ調査をした中尾佐助氏によって報告されていたというから驚く。中尾氏と言えば照葉樹林文化で、アジアの専門家だと思っていたのだが、アフリカでも長期の調査をしていた事にも驚かされた。要は私の不勉強ということだ。次は満開の我が家の皇帝ダリア(Dahlia imperialis)とハルサザンカの宝塚(Camellia vernalis 'Takarazuka')。ダリアはメキシコ原産、ハルサザンカは日本で出来たツバキとサザンカの交配種群だ。DSCN9864.jpgDSCN9866.jpgDSCN9863.jpgDSCN9858.jpgDSCN9861.jpgワニ園では亀甲竜(Dioscorea elephantipes)の花が満開。小さな花だが、雌雄別株でこれは雄花。ヤマノイモ科で南アフリカ原産。DSCN9887.jpgDSCN9888.jpgDSCN9891.jpgアマリリスのオーリクム(Hippeastrum aulicum)も相変わらず満開、といっても花期は終盤だが、うまい具合に球根ベゴニアにつないでくれた。ヒガンバナ科でブラジル原産。最後はようやく目が醒めて発芽を始めたパラモンガイア・ウエベルバウエリー(Paramongaia weberbaueri)。ヒガンバナ科でチリ原産の珍花だ。今年は何輪咲いてくれるだろうか。昨年は花が多かったので、今年は開花休みの球が多いかもしれない。DSCN9895.jpgDSCN9896.jpgDSCN9898.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント