白い多肉は元気Part2

今日は窓辺の白い多肉の全景から。4,5枚目はアドロミスクスの雪御所(Adromischus leucophyllus)で、今年は伸び過ぎていたので、先日派手に剪定して、栽培温室担当者に売店苗用として渡した。葉が落ちやすいし、果たして商品に出来るだろうか。ベンケイソウ科で南アフリカ原産。DSCN0036.jpgDSCN0038.jpgDSCN0040.jpgDSCN0041.jpgDSCN9989.jpg次はクラッスラの稚児姿(Crassula deceptor)。生育の遅い植物だが、30年がかりでようやく5号半鉢に一杯になった。次はケイリドプシスのピランシー(Cheiridopsis pillansii)、和名で神風玉だ。花が奇麗で貰って来た植物だが、この窓辺では光線不足で1度も咲いてくれない。以上は南アフリカ原産で、稚児姿はベンケイソウ科、神風玉はハマミズナ科だ。DSCN9987.jpgDSCN9984.jpg次はメキシコ原産、セダムの珍種スアベオレンス(Sedum suaveolens)。エケベリアそっくりで勿論ベンケイソウ科だが、こちらはセダム属なのだ。メキシコ原産。DSCN9983.jpg次は大型に成るエケベリア同士の交配でラウリンゼ(Echeveria x laulindsayi)。最後はベンケイソウ科の属間雑種で、パキベリアのベルブルー(x Pachyveria 'Belle Blue')とグラプトベリアのイエティー(x Graptoveria 'Yeti')だ。イエティーは片親のグラプトペタルム・パラグアエンセ(Graptopetalum paraguayense)にそっくりで大型になるだけなので、その気で栽培しないとこんがらかってしまいそうだ。DSCN9977.jpgDSCN9969.jpgDSCN9961.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント