果樹など

果樹温室では秋も深まりストロベリーグワバ(Psidium cattleianum)が見頃になっている。露地では1ヶ月も前にピークを迎えていたが、温室では何度目かの結実で、かえって遅いようだ。次は普通のグワバの果実。最もポピュラーな在来品種だ。フトモモ科でブラジル原産。DSCN9518.jpgDSCN9520.jpgDSCN9522.jpg珍しいアメダマノキ(Phyllanthua acidus)もかろうじて幾つか実が成っている。例年、もっと成るのだが、今年は剪定の関係で実の成りが悪かったのだろう。東南アジア原産でトウダイグサ科。珍しい所ではトゲバンレイシ(Annona muricata)が1個なっている。本来なら3kgもある大きな実が着くのだが、この実は握り拳ほど。それでも完熟させて味を見てみたいものだ。中南米原産でバンレイシ科。DSCN9515.jpgDSCN9514.jpgドラゴンフルーツ(Hylocereus undatus)も赤く成って久しいが、まだ収穫適期ではないだろう。サボテン科で中米原産。最後は先日定植したセレージャ(Eugenia involucrata:奥)と四季成りジャボチカバ(Myrciaria cauriflora:手前)。明るい日当たりの良い一等地に植えてもらって幸せそうだ。共にフトモモ科でブラジル原産。DSCN9526.jpgDSCN9524.jpg次は果樹温室外のバンクシア・セラータ(Banksia serrata)。正に満開で見事なものだ。プロテア科でオーストラリア原産。最後は1号温室、マカダミアナッツの下でツルを伸ばし、パフィオペディルムコーナーの屋根の上で花が咲いているポドラネア・ブリーセイ(Podranea brycei)。南アフリカ原産でノウゼンカズラ科のツル植物。DSCN9532.jpgDSCN9531.jpgDSCN9528.jpgDSCN9534.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント