春の足音

ここのところ雇用調整で日中家に居ることが多く、毎日温室で写真を撮るので、同じ種類の写真ばかりになってしまう。でも昨日も新しい花が咲いて来て、確実に春の足音の近づいているのがわかる。今日の画像は定番のマミラリア・ラウーイ(Mammillaria laui)から、基本種とその変種の順。次いでカルメナエ(M.carmenae)の覆輪花、基本種とピンク花等。DSCN2513.jpgDSCN2458.jpgDSCN2516.jpgDSCN2512.jpg新しく咲いてきたシュモーリー(M.schumollii)、そして次々と蕾が見えてきたアンシストロカクタス・ピンカバヌス(Ancistrocactus pincavanus)。本種はキリンウチワに接いでも遅々として育たず、何故かと疑問に思っていたのだが、どうやら指先程の大きさでもう成株らしい。北米産貴種に月の童子(Toumeya papyracantha)という小型種があるが、どうもそんなサイズらしい。DSCN2521.jpgDSCN2528.jpg花の美しさではギムノカクタスの薫染丸(Gymnocactus knuthianus)で、白刺ピンク花でとにかく奇麗だ。だから横を通るといつも撮影してしまう。珍しい所では南米物の黄花宝山(Rebutia fabrisii var.aureiflora)が咲いてきた。DSCN2465.jpgDSCN2463.jpgDSCN2520.jpg最後は植え替えの進んできた強刺類の群像。と言っても、白刺金鯱(Echjinocactus grusonii)以外の手前の大株群はまだだ。DSCN2525.jpgDSCN2524.jpg黄花宝山はアルゼンチン原産だが、他は全てメキシコ原産だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント