プヤ・チレンシスが開花

心待ちにしていたプヤ・チレンシス(Puya chilensis)がこの暖気に合わせるように一気に咲いて来た。朝は1輪だったが夕方までには3輪が開いて来た。本種は1980年にドイツの種子業者ケーレスから種子を導入し、今年で実生31年目。入口園内看板の横に植えてある。パイナップル科で最大の植物、電信柱のような巨大な花を咲かせるプヤ・ライモン…
コメント:0

続きを読むread more