ティランジアなど

昨日はネットが駄目でアップを断念。ご心配をおかけしました。
先に紹介したティランジア・フンキアナxイオナンタ・ジャイアントの交配種(Tillandsia funckiana x T.ionantha 'Giant')が良く咲いている。次々と咲いてきて、結構賑やかだ。DSCN4565.jpgDSCN4568.jpgトックリアナナス(Aechmea recurvata)も基本種が良く咲いている。これは私が河津の自動車屋さんの庭で見かけたのを分譲して貰ったのが始まりで、姿も良いし必ず結実するクローンだ。次は斑入りのアズテック・ゴールド(A.recurvata 'Aztec Gold')。以前真っ黄色の変異が出たが、葉緑素が少ないそうで育たなかった。サボテンなら接ぎ木で保存できるが、ブロメリアでは不可だ。パイナップル科でブラジル原産。DSCN4572.jpgDSCN4573.jpgDSCN4576.jpgDSCN4577.jpgDSCN4580.jpgサボテンと言えばトックリアナナスの間に置いてあるアポロカクタス・マリティマス(Aporocactus maritimus)が咲き始めた。メキシコのオアハカ州の山岳地、ティランジアの産地で採集してきたもの。株が老化したので今年は接ぎ木による株の更新が必要だ。DSCN4569.jpgイワタバコのコーナー奥ではネオマリカ・ノオルシアナ(Neomarica northiana)が咲き始めた。もともと本園6号温室の水辺に古くから植えてあったのだが、これは別クローン。よく殖えたので、6号にも補植した。アヤメ科でブラジル原産。次はメキシコから来た藤色花のスミシアンサ・ラウーイ(Amithiantha laui)、ブラジルのシンニンギア・カーディナリス(Sinningia cardinalis)、シンニンギア・マクロポダ(S.macropoda)だ。これらはイワタバコ科。クリーム花は南アフリカ原産、キジカクシ科のベルセミア・ブラクテアータのレモン・フレーム(Veltheimia bracteata 'Lemon Frame')だ。DSCN4475.jpgDSCN4477.jpgDSCN4479.jpgDSCN4481.jpgDSCN4484.jpg最後はリプサリスコーナーで今が満開のピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)。タヌキモ科でメキシコ原産。DSCN4582.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント