美花の競演

3月の18、19日辺りはサボテンの花が多く、とても華やかだった。最初はマミラリアの白鳥(Mammillaria herrerae)で、花が鉢巻き状に咲いて美事なこと。頂き物の大株で、本当に素晴らしい。次は花の大きなマミでルブログランディス(M.rubrograndis)。姿は地味だが、花は大きくて見事。DSCN4673.jpgDSCN4675.jpgDSCN4672.jpgDSCN4709.jpg次はエキノセレウスの宇宙殿変種レジェシー(Echinocereus knippelianus var.reyesii)。この仲間は兎に角花が美しいので、種を見かけるたびに買っていたが、その成果が今出ている。次の3輪も宇宙殿の変種クルエゲリー(E.knippelianus var.kruegerii)。こちらはまだ株も小さいので花も小振りだ。次は白刺群生でピンク花のエキノセレウス・パーケリー(E.parkeri)。刺良し、花良しのエビだ。DSCN4678.jpgDSCN4506.jpgDSCN4704.jpgDSCN4702.jpg次はテロカクタスの天照玉(Thelocactus conothelos)と鶴巣丸(T.nidulans = T.rinconensis)、そしてギムノカクタスの紅梅殿(Gymnocactus horripilus)。DSCN4712.jpgDSCN4503.jpgDSCN4713.jpg最後はフェロカクタスの刺物で、緋翔竜(Ferocactus rhodanthus)、赤鳳(F.stainesii)、王冠竜(F.glaucescens)の順だ。緋翔竜はまだ若い実生株だが、赤鳳と王冠竜は我が家の主みたいな存在。赤鳳はもう老化してヘロヘロの株だが花だけは毎年咲かせている。以上、全てメキシコのサボテンだ。DSCN4509.jpgDSCN4695.jpgDSCN4511.jpgDSCN4698.jpgDSCN4700.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント