ロフォフォラ、マミラリアなど

我が家の温室では鳥羽玉類が花盛りだ。最初は銀冠玉(Lophophora fricii)のある一角。綴化した銀冠もある。3枚目、手前右側の群生はコエレシアーナ(L.koehresiana)次はロフォフォラ・アルベルト・ボイテフィー(L.alberto-vojtechii)の2株目と白斜子(Mammillaria pectinata)。前者は交配して早速種取りの算段。DSCN3619.jpgDSCN3620.jpgDSCN3623.jpgDSCN3639.jpgそして緋色大輪花の月宮殿(M.senilis)。本種の鉤刺は難物で、鉢のローテンション時にいつも引っかかって苦労する。これがなければもっと普及するサボテンだろう。自生地はメキシコ・ドゥランゴ州の高山地帯。松林の中の岩山で、石をどかしたら霜柱が立っていて驚いた記憶がある。寒さには強いのだ。DSCN3593.jpgDSCN3590.jpgDSCN3575.jpgDSCN3571.jpg次は明月(ドゥメトルム:M.dumetorum)と最小型種のギゼラエ(M.giselae)。後者はこれで株径5cm位。本当に小さい。次は赤い大きな花という学名を持つルブログランディス(M.rubrograndis)。確かに大きくて目立つ花だ。DSCN3613.jpgDSCN3659.jpgDSCN3607.jpgそしてカルメナエ(M.carmenae)の刺色、花色変わりなど。DSCN3650.jpgDSCN3652.jpgDSCN3654.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント