シャクナゲが満開

バナナ温室の裏でシャクナゲ(Rhododendron cvs.)が満開になった。入口側の大木は2年前の台風で倒れ、今復活途上だが、こちらのエレガンス(R.'Elegans')は元気一杯。見事なものだ。バナナ温室へ上る階段横の久留米ツツジ(R.'Kurume hybrid')も今が満開。これらはツツジ科だ。DSCN5693.jpgDSCN5692.jpgDSCN5697.jpgDSCN5695.jpgDSCN5702.jpgDSCN5704.jpg分園ガレージの裏では黄花の八重桜の新品種、須磨浦普賢象(Prunus lannesiana 'Sumanoura Fugenzo')が満開だ。バラ科で日本原産。入口スロープの頭上ではテロペア(Telopea speciosissima)が満開。そろそろ蜜が垂れ始めて下がベタベタしている。プロテア科でオーストラリア原産。DSCN5849.jpgDSCN5848.jpgDSCN5845.jpgDSCN5854.jpgDSCN5856.jpg中庭では斑入りのタニウツギ(Weigela hortensis 'Variegated')が見頃に。旺盛な木で毎年派手に剪定するが、それでもちゃんと咲いて来る。スイカズラ科で日本原産。パパイヤ温室横で行灯作りにしたアリストロキア・ウエストランディー(Aristolochia westlandii)も満開だ。育ちの遅い本種だが植え込んで20年、ようやく5輪、10輪とまとまって花が見られるようになった。ウマノスズクサ科で中国原産。DSCN5927.jpgDSCN5929.jpgDSCN5932.jpgDSCN5933.jpgDSCN5936.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

藤原
2021年04月13日 17:39
テロペアが見事ですね。
我が家のテロペアは、高さ2mくらいのひょろひょろと伸びた枝の先端に花が4つ付ているだけです。 冬の最低気温が零下5℃になる庭に地植えで、施肥もせず年中放置の状態、というのはやはりまずいのでしょうね。
学芸員
2021年04月13日 19:40
藤原さん、私も30年間ほったらかしで肥料もやっていません。根が動かない様に柱にがっちり縛ってあるので丈夫なんです。テロペアは老株になると頭でっかちになって、根が揺すられ枯れていくのです。根が動かなければ長生きします。